カテゴリー別アーカイブ: ventilation fan

ソーラー換気扇

無電源の空き家もソーラー換気扇なら効率的な換気が可能

住宅は適度の風通しを行わないと、老朽化が進む

特に無電源の空き家となると、人の手で窓やドアの開放をやるしかない

こんな空き家の管理にお困りの方に朗報です

コンパクトなソーラー発電利用の換気扇、究極のエコ製品

電源がなくても人が居なくても、安全・確実な換気が可能

運転コストが全く掛からず、耐久性に優れた換気扇

空き家の換気

ソーラー換気扇

これらの製品の詳細はここ

空き家を放置し老朽化が進むと「特定空き家等」に指定される

2015年2月に「空き家対策特別措置法」が施行されました

「特定空き家等」に指定されると

1:助言・指導を受ける

2:「勧告」

  「固定資産税の特別措置」の優遇が受けれなくなる

3:命令される
  期限付き改善命令

4:強制対処される 

  自冶体が強制的に改善・解体⇒費用は所有者負担

これらの措置を受けないためには最低限の換気を

  


ソーラー換気扇

高気密・高断熱住宅に最適なソーラー機器

ソーラー機器利用の高気密・高断熱住宅では、さらなる省エネ

窓を小さく隙間をなくせば、保温性が高く熱損失の少ない家ができる

寒冷地住宅では、窓を大きくすると熱が奪われるため小さくせざるを得ない

当然、太陽光を取り入れる事ができない、

ソーラー温風ヒーターなら、小さな開口で大きな集熱が可能

Solar Hot Air Heater

小さな開口で大きな集熱が可能

 

部屋の冷気を取り込み、昇温し室内に送風

電気、ガス、石油などは一切不要なクリーン暖房

保温性の高い高気密・高断熱住宅では、さらなる

省エネが実現

 

 

保温性が高い、つまり気密性の高い住宅では、結露や空気汚染が大きな問題になる

自然換気を行うと熱損失が大きいので、機械による計画換気が必要とする

太陽光活用の換気扇なら、電源不要で24時間換気から日照時だけの換気が可能

空き家や不在時にも安心安全の換気ができる

Solar Ventilator

電源,手間いらずのソーラー換気扇

 

電源も手間も不要のエコ換気扇

 

 

 

 

 

高性能の高気密・高断熱住宅には、自然エネルギーの活用でさらなる省エネ住宅の実現ができる

商品に関しましてはソーラー・カンキ社にお問い合わせください。

 

 


ソーラーカンキ社

ソーラー換気扇ならランニングコストも手間も掛からない

太陽光で稼動の換気扇

エネルギーは太陽光だけのパワフル換気扇

電源が無くても大丈夫、自前の太陽光発電で稼動

太陽光発電は直流電源、交流変換することなく直接DCファンを稼働させるので無駄がない

DCファンは消費電力が少なく効率の良いモーター

ソーラー換気扇なら電源が無くても、スイッチ操作を無しで換気が可能

一般住宅は無論、普段使用しない別荘や空き家、電源の無い倉庫などの換気が簡単にデキル

solarfan

ランニングコスト0円換気扇

高温多湿の日本の気候では換気は必要不可欠

昔の住宅は、夏の暑さをしのぐために風通しの良い住宅だった

現在は省エネ住宅で高気密・高断熱、機械換気を行わないと湿気が滞留し、結露・カビ・ダニの発生や建材・家具から発生する化学物質による空気汚染が起こる

換気を怠ると、大切な住宅に大きなダメージや健康被害を受ける事になる

ソーラーカンキ社のソーラー換気扇は他社にはない堅牢さとパワーが有る

筐体はステンレス製で気密性が高く、雨・風・虫の侵入を完全にシャットアウト

用途により多様な種類から選ぶ事が可能

solar ventilation

電源不要の換気扇

蓄電式24時間換気扇や災害時に役立つ電源や照明付の物もあります

ランニングコスト0円24時間換気扇

ランニングコスト0円24時間換気扇

商品の詳細はソーラーカンキ社までお問い合わせ下さい

 

 

 

 


ソーラー換気扇

太陽光の有効活用で空き家の老朽化ストップ

老朽化の原因ナンバー1は

湿気

湿気排除には→換気→通風→換気扇稼働

だが、空き家の多くは電気を停止しているために換気扇の稼動できない

そのために管理会社や知人に委託して、風通しや管理を委託する

委託すれば、それなりの費用が掛かる

この様な問題にお悩みの方に朗報です

電源不要・スイッチ操作の要らない換気扇を紹介します

電源はソーラー発電利用で電気代0円

ソーラーパネル

換気扇本体はステンレス製、フード・防虫網付の堅牢な筐体

雨・風・虫の侵入を完全にシャットアウト

ソーラー換気扇日照と共に稼働を始め、常に新鮮な空気を取り込み、湿気の滞留を防ぐ

無人なのに毎日新鮮な空気を入れてくれるので安心

通風

しかも、イニシャルコストのみで、ランニングコストが一切掛からないので安心

 

 

 

取付工事も簡単で、何処にでも設置可能なソーラー換気扇

こんなに便利なソーラー換気扇の詳細は株式会社ソーラー・カンキ社まで


㈱ソーラー・カンキ社

換気は「健康な住宅と老朽化対策」に効果

換気は老朽化を防ぐ最大の方策

住宅に大きなダメージを受ける最大の原因は「湿気」である

昔の日本家屋は風通しを良くすることで、ダメージを受ける事を回避していた

しかし、住人は寒さ暑さにひたすら耐えるしかない

今は、こんな住宅には誰も住まない

高気密・高断熱で省エネを考えた住宅が主流

暖房、冷房効率は優れているが、換気性能が劣る

部屋の中は常に汚れた空気や湿気で一杯、この状態では人の健康も住まいにもダメージを受ける

自然換気は期待できないので、機械換気システム(24時間換気)が必要

家全体に空気の流れができる換気が理想、汚れた空気や湿気を排出し常に新鮮な空気を取り込む

換気の重要性は理解できたが、諸事情で空き家になってる住宅管理はどうすればいいだろうか

電源なし、締め切り状態の家の中は汚れた空気と湿気で一杯、劣化がどんどん進む

空き家住宅の老朽化対策に最適なソーラー換気扇を紹介しましょう

電源不要・スイッチ操作不要だから、例え遠方にある住宅でも安心の住宅管理が可能

換気扇本体はステンレス製ベントキャップ型換気扇、耐久性に優れ気密性も高く、雨水・風・虫の侵入がなし

施工も簡単で何より運転コストゼロで一切手間が掛からない究極のエコ換気扇

ソーラー・カンキ社が製造販売する、他社にはない高性能ソーラー換気扇

お問い合わせはココ

ソーラーー換気扇

電源不要の高性能ソーラー換気扇

 提供:株式会社ソーラー・カンキ社

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

換気の必要性

 

換気・通気は住宅の耐久性・人の健康を向上させる

昔の家は天然素材で作られており、空気汚染の心配も無く換気は自然に行われていたMH900045998

現在は気密性・断熱性が高い住宅が主流となり快適な生活ができるが、自然換気だけでは補えず機械換気が必要となる

images0NQHNLXR

なぜ換気が必要

一人に必要な呼吸空気量は1時間当たり20~30立米(約6畳間1室分)

人が呼吸すればCO2が増え家具・建材などから排出される化学物質などで部屋は汚染される

調理や石油・ガスなどの暖房器、風呂などから出る水蒸気で部屋には湿気が充満やがて結露しカビ・ダニの原因を作り住宅の劣化を誘因、人の健康も害する、対策として湿気を排除する換気が必要

臭気・熱の排除にも換気が必要

平成15年建築基準法改正による換気設備設置義務化

結果

換気をする事により、湿気やカビ胞子の排出ができ住宅の耐久性向上となる

ソーラー発電活用の高性能・高機能の換気扇開発のソーラー・カンキ社

重要な換気を電気代0円・操作なしの換気扇で行う

ランニングコスト0円で留守にしていても安全、確実に換気ができ、空き家や別荘などの住宅劣化を防ぐ

 

ソーラーー換気扇

太陽光電池換気扇

製品についてのお問い合わせはここ

 

 

 

 

 

 

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

やっぱり違うソーラー換気扇、自然エネルギー活用だと、

 

 

ソーラー発電の換気扇なら、勝手に住まいの換気ができる

ソーラー換気扇なら「自然の理に適った」換気が可能、換気を怠ると住宅劣化がすすむ

ソーラー発電は、晴天日には発電量大で換気扇の稼動率が上がる                                     晴天日は=湿度が低く乾いた空気を多く取り込み室内の湿った空気を排気

結果⇒部屋には乾いたクリーンな空気が残る

ソーラー換気扇なら運転コスト0円、スイッチ操作なしで住宅換気が可能

●電源がなくても、人が居なくてもOK

毎日利用されない別荘や長期不在の住宅でも商用電源なしで確実な通風が                      可能なのはソーラー換気扇だけ

安全面に関しても発火などの危険性もなく、雨水・風・虫の侵入も完全にシャットアウトする換気扇だから  人が居なくても安心して使用できる

MH900213283MH900212009

 ソーラー換気扇に関するお問い合わせはソーラー・カンキ社まで

 

 

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

太陽エネルギーの活用でスマートライフを楽しむ

枯渇する事のない無限の太陽エネルギーを活用


太陽光は電気エネルギーに変換(効率は20%以内)

大切な住まいの最大の敵は「湿気」、この湿気を合理的な方法で排除できるのは、ソーラー発電利用の換気扇。
電気代ゼロ円、スイッチ操作なしのソーラー換気扇は、雨の日や夜間の湿度が高くなる時は運転休止で湿った外気を取り込まない、,だから何時までも乾燥状態を持続できる換気扇。
ソーラー換気扇の詳細はソーラー・カンキ社ホームページでご確認下さい。

太陽熱は集熱して暖房に
太陽熱の熱への変換効率は100%(理論値)、集熱した熱をできるだけ逃がさなければとても効率のイイ暖房器になる。真夏の日中に1㎡に降り注ぐ太陽熱エネルギーは1kw(860kcal)理論値、冬は30%以下としても258kcal/hの熱量が得られる、この熱を暖房に使用。
1㎥の空気を1度上げるのに必要な熱量は310cal,10度上げるのに必要な熱量は3.1kcal
8畳の部屋の容積は31㎥、部屋の温度10°上げるのに必要な熱量は31×3.1×2=192kcal。
1㎡の集熱器があれば,8畳の部屋の温度を20度上げるのに十分な熱量が得られる。
チョット驚きではないでしょうか!!
集熱して熱を逃がさないようにすれば、とても有効な暖房器として利用できる。
弊社で、実証実験したデーターをお見せいたします。

006

太陽光暖房器データー01


㈱ソーラー・カンキ社

建物の湿気・カビ対策はソーラー換気扇にお任せ

住いの湿気・カビ対策にお困りではないですか?

電源がなくても、人が居なくても常に理想的な換気が可能なソーラー換気扇を紹介いたします。

電源はコンパクトソーラー発電、日照があれば常に運転でき人の手間をまったく必要としない安全な換気扇。

換気扇本体はステンレス製ベントキャップ型換気扇、フード・ネット付で雨水、風、虫の侵入を完全にシャットアウトできるコンパクト換気扇。

自然エネルギーを賢く使って電気代はゼロ円、CO2排出ゼロの換気扇は㈱ソーラー・カンキ社が提供しています、詳細はホームページでご確認下さい。

ランディング05