カテゴリー別アーカイブ: 太陽光エネルギー

ソーラー換気扇

カビ対策の基本は換気

梅雨シーズンの到来はカビ繁殖の季節

カビ対策の基本は、何はともあれ換気が一番

常に新鮮な空気にする事で、カビの繁殖は止まる

換気を行うことは分かってはいるが、遠方の空き家やたまにしか利用しない別荘では

換気を行いたくてもできない事情がある

そのような問題をお抱えの方に朗報

例え電源がなくても人が居なくても、安全に確実に換気がデキル換気扇を紹介しましょう

電源はコンパクトなソーラー発電で賄い、換気扇を自動運転する

筐体は耐久性に優れたステンレス304、フード・アミ付で雨、風、虫の侵入をシャットアウト

電気代も手間も掛からず、1年中休まず稼動できるとても経済的な換気扇

商用電源利用の換気扇を無人で稼動させると心配、電気代もさることながら、過熱による出火が心配

ソーラー発電利用の換気扇なら、低電圧で加熱の心配も無く、高性能なDCファン(山洋電気製)にて

効率の良い換気がデキル

田舎の空き家の実家や別荘などの換気扇はソーラー活用の換気扇が便利で経済的

ソーラー換気扇で換気

別荘のカビ対策

空き家の実家

空き家になった実家

 

カビが繁殖すると住まいのダメージは増大し

取り返しのつかない事になる

田舎の実家もたまにしか利用しない別荘も

ソーラー換気扇がカビから守る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソーラー発電利用の換気扇

ソーラー発電利用の換気扇

 

 

ソーラー換気扇の詳細はソーラー機器専門のソーラー・カンキ社までお問い合わせ下さい。

 


ソーラー換気扇

太陽熱の有効活用で暖房費の節約

太陽光発電だけではない、太陽熱を活用して暖房

日々燦々と降り注ぐ太陽光の有効活用

太陽光の半分近くが赤外線、他は可視光・紫外線など                              赤外線は物質に当ると、物質を構成する分子を刺激して振動し熱を発する                   太陽光のエネルギーは、1kw 1㎡/h 垂直に照射した場合の理論値                     冬の場合は50%程度と考えられる、熱の変換効率は最高で80%、発電に比べ効率が良い          この原理を応用したのがソーラー温風ヒーター

ソーラー温風ヒーターの仕組み

冬の日照角は低く住宅の壁面は太陽光で暖められる、ところが断熱効果で熱は室内には届かない    そこで、壁面に太陽光を集熱する断熱構造の集熱体を取り付け、室内の冷えた空気を取り込み、集熱体で昇温し室内に送風ファンにて搬送する、外気よりも温度が高い室内空気は、より高い昇温を実現すると共に、夜間の冷気の侵入を無くす

Solar Hot Heater

太陽熱を取り込む

すべてを太陽光で賄う省エネ・安全ソーラー温風ヒーター

電気もガスも石油も使用せず手間も掛からない、安全ヒーター                          集熱体の温度が25度以上になると自動で送風ファンが稼動し冷気を取り込まない              送風ファンの電源はコンパクトソーラーパネル、商用電源を使わないので発火などの心配がない      最高温度、約55度 空気を暖めるクリーン暖房、お子様やお年寄りが居られる家庭では安心暖房     欠点は天気の悪い日や夜間稼動できない、日照があれば何時もコストの心配なく稼働し家全体を蓄熱するので結果的には、主暖房器の稼働率が減り暖房費の節約になる

ソーラー温風ヒーター

集熱器を日当たりの良い壁面に取り付け

設置可能住宅

高気密・高断熱住宅、冬季に日照が十分にある地域

 

この商品の詳細は株式会社ソーラーカンキ社にお問い合わせ下さい

   


㈱ソーラー・カンキ社

ソーラー機器でお金を掛けず空き家保全

電源不要のソーラー換気扇なら

今や800万戸以上ある空き家

取り壊しを待つだけでは、あまりにも資源を無駄にすることになる

健全な空き家であれば、有効利用できるのではないか

問題は、老朽化させない事である

老朽化の最大の原因は、締めきりによる湿気の滞留

湿気を排除するには、定期的な風通しが必要

風通しをするために管理会社や知人に委託し管理だが、それなりの費用が掛かる

これが問題で管理せず放置してしまうと老朽化が進み、結果、廃棄となり取り壊しとなる

費用を掛けず、最低限の通風管理が出来れば、老朽化が防止でき再利用の機会も生まれるのでは?

電源不要でソーラー発電の換気扇や温風ヒーターを活用すれば、無人の空き家も

人が暮らすような環境で維持できる

日照があればソーラ発電で換気扇を稼働させ、太陽光を熱に変え温風ヒータも稼動する事ができる

湿気を含んだ空気を乾燥させ新鮮な空気に入れ替えれば、湿気も滞留せず人が暮らす様な環境にする事が可能

電源が無くとも太陽光は何処にでもある、この太陽光を活用して空き家の保全を実現する事を提案

ソーラー換気扇

ソーラー温風ヒーター

太陽光活用の暖房補助システム

100%ソーラーエネルギー活用で空き家保全は可能
詳細は株式会社ソーラー・カンキ社まで

 


㈱ソーラー・カンキ社

冬はなぜ寒い?

安全かつランニングコスト0円ソーラー温風ヒーター

ウソのようでホントの話

冬はなぜ寒くなるのかご存知ですか?

日照角度が低くなり地表を暖める面積が少なくなることと、日照時間が短いからです

日射角度夏の太陽日射角78度で地表を暖める

晴天日の日照エネルギーは地表1㎡/hあたり1kwのエネルギーが降り注ぐ、日射角が78度ならば

約85%つまり0.85kw/hのエネルギーが降り注ぐ

冬(冬至)は約35%つまり0.35kw/hのエネルギーしか届かない

ところが、垂直な壁面(日射角58度)には地表より多くのエネルギーが降り注ぐ

この壁面に降り注いだ太陽光を熱エネルギーに変換し暖房に利用

電気もガスも石油も使わない暖房器

今日は冬至、1年で最も昼の時間が短い日だが、明日からは徐々に日照時間が長くなる

これから寒くなる季節に太陽は暖かな光をより多く運んでくる

太陽光活用のランニングコスト0円 ソーラー温風ヒーターが活躍する季節到来

太陽光が降り注げば暖房開始、最高温度は約55度、不在でも安全な暖房器

ソーラー温風ヒーター

家を暖める

ソーラー温風ヒーター

集熱器を日当たりの良い壁面に取り付け

太陽光の日射角を合理的に活用する経済的で安全な暖房器

タダの自然エネルギー活用するスマートライフを応援

製品の詳細は株式会社ソーラー・カンキ社サイトへ


ソーラー換気扇

ソーラー温風ヒーターは電気代も燃料費も不要

太陽熱利用の温風暖房器

驚愕!電気もガスも石油も要らない暖房器

燦々と降り注ぐ昼間の太陽熱を集熱し家を暖める

高気密・高断熱住宅は魔法瓶の様に一度暖まれば簡単には冷えない、暖か状態をキープ

この住宅機能を利用し昼間の太陽熱を家に取り込み、低温化を防ぎ主暖房器の稼働率を低下させる

結果!大幅な燃料費の削減になる

昼間留守でも日中太陽熱が家を暖める、しかも運転コストは0円の安心・安全暖房器

solar hot air heater

solar hot air heater

集熱器を日当たりの良い壁面に取り付け

自然エネルギーを有効活用でスマートライフを実現
この製品はソーラー機器専門通販の株式会社ソーラー・カンキ社が提供しています。

株式会社ソーラー・カンキ社

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

暖房費の節約はソーラー温風ヒーターで

驚き!運転コストゼロのソーラー暖房装置

熱源は太陽熱電源はソーラー発電

どのように集熱するのか?

ソーラー温風ヒーター

集熱器を日当たりの良い壁面に取り付け

 

密閉された筐体の中に表面積を広くとった金属板が集熱する

取り込んだ熱は断熱された筐体から逃さず、室内から取り込んだ冷気と熱交換をし、温風に変え室内に送風(送風ファンは25度以上で稼動するので冷気は取り込まない)

 

 

 

ソーラーパネル

送風ファンを稼動

 12Wソーラーパネル

暖まった空気を室内に自動送風

ソーラーパネルは日照が最も当たる部分に取り付ける

 

 

 

 

取付工事はどのように

ソーラーヒーターの仕組み

ソーラーヒーターの仕組み

取り付ける壁面に110mm~径の穴を芯芯

600mm間隔で開ける

開口部に塩ビ管もしくはパイプセットを取り付け、集熱本体を取り付ける

送風口の中にスイッチケーブルを通す

室内側にレジスターを取り付、後はソーラーパネルと結線==>外部上部にコーキングを施す=完成

 

 

太陽光活用の暖房補助システム

太陽光活用の暖房補助システム==> 詳細は画像をクリック

 

 

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

寒冷地の住宅・別荘の補助暖房器

寒冷地住宅・別荘の補助暖房装置は太陽光温風ヒーターで

高度の高い寒冷地は、夏は涼しく気持ちがイイが、冬は大変な寒さ

特に別荘など普段利用の無い住宅は、まるで氷の世界のように冷え切っている  

久しぶりにやって来た別荘の1日目は、寒さとの戦い

全体が温まるのに、丸1日が必要

寒冷地の別荘

室内の低温化を防ぐ

この様な経験のある方に是非お薦めしたいのが

太陽光温風ヒーター

電気もガスも石油も使わないから、ランニングコストはゼロ円

使うのは太陽熱と太陽光発電のみ

集熱ケースに熱を集熱し室内の冷え切った空気を暖め送風する

普段留守でも日照があれば何時でも部屋を暖める事ができる

故に、室内の低温化を防止する事ができるので、久々にやって来ても寒さに震えることは無い

熱風の最高温度は約55度、決して高くないが毎日稼動する事で部屋の最低温度が上がる

低温で低電圧の電気しか使用しないので、留守にしていても全く心配ない安全な温風ヒーター

集熱ケースはしっかり断熱されているので、夜間の冷気を取り込む事は無い

イニシャルコストだけで室内の低温化を防ぐ補助温風ヒーターは究極のエコ暖房器

ソーラー温風ヒーター

集熱器を日当たりの良い壁に取り付け

ソーラーヒーターの仕組み

 ==>この製品の詳細は

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

ランニングコスト0円のソーラー温風ヒーター

太陽光温風ヒーター、常にランニングコスト0円

太陽熱を集熱、家の冷めた空気を暖め放出する暖房器

電気もガスも石油も使用せず、燃料は太陽光のみ

留守にしていても、日照があれば安全、確実に家を暖める事ができる

寒冷地住宅の室内の低温化を防ぎ、主暖房器の燃料費を大幅に削減

ソーラー温風ヒーター

集熱器を日当たりの良い壁に取り付け

ソーラーヒーターの仕組み

ソーラーヒーターの仕組み

コンパクトソーラー発電で給電、集熱体内の温度が25度以上になると送風を始める

集熱体は断熱が施されているので、夜間の冷気が入る事はない

夏は日射角度が高くなり庇などで遮ると、直接集熱体に光が当たらず暖房機能は働かない

年間日射角

年間日射角

==> ソーラー温風ヒーター「あったか」の詳細

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

STOP|空き家の老朽化

空き家の保全対策一番は換気

普段利用の無い住宅は急速に劣化がすすむ

最大原因は、換気不足により湿気の滞留にある

湿気が滞留すると、結露・カビ・腐朽菌・ダニの発生が起こり、家を急速に劣化させる

湿気を排除するには、定期的な風通しが必要

空き家が近くにあれば、自分でデキルが遠方だと簡単にはできない

そこで、管理会社や知り合いに委託するが、それなりに費用が掛かる

空き家や別荘・倉庫などの保全管理にお困りの方に朗報です

電源不要で無人で毎日自動運転してくれる換気扇

電源はコンパクト太陽光発電

換気扇本体はステンレス製、カバー・防虫アミ付なので、雨・風・虫の侵入をシャットアウト

ソーラーベントキャップ型換気扇

空き家の換気はお任せ

取付工事簡単、しかも年間ランニングコストは0円の究極エコ換気扇

これさえあれば、遠方の田舎の実家や別荘の換気も安心

空き家

遠く離れた実家の換気も安心

空き家

あまり利用しない別荘換気も安心

ソーラー換気扇の詳細は株式会社ソーラーカンキ社までお問い合わせ下さい

 

 

 


ソーラー換気扇

アクティブソーラーシステムでエコ暖房

100%ソーラーエネルギー活用温風ヒーター

電気もガスも石油も不要、100%ソーラーエネルギーで温める温風ヒーター

高気密・高断熱住宅では気密性、断熱性を保つため開口部が少ない

昔の住宅では真冬でも縁側の陽だまりで暖を取る事ができた

真冬でも陽だまりは暖かい

真冬でも陽だまりは暖かい

ソーラーカンキ社では陽だまりの熱を高気密・高断熱住宅へ取り込むソーラー温風ヒーターを開発

日中に集熱した太陽熱を室内に取り込み室内を暖める、断熱性の高い住宅では夜間まで高い温度をキープ

結果:夜間の主暖房器の燃料費削減に貢献

ソーラーヒーターの仕組み

ソーラーヒーターの仕組み

日中の太陽熱を集熱し、ソーラー発電の電源で温風を室内に送風

商用エネルギーを一切使用せず、無人でも安全に室内を暖める究極のエコ温風ヒーター

冬の日射角度は低く効率よく集熱、夏の日射角は高いので、庇の下に設置すれば、集熱せずに済む

年間日射角

年間日射角

ソーラー温風ヒーター「あったか」の詳細はこちらから

ソーラー温風ヒーター「あったか」

ソーラー温風ヒーター「あったか」