月別アーカイブ: 2015年7月

㈱ソーラー・カンキ社

ソーラー換気扇なら電源・操作不要

100%ソーラーエネルギー活用のソーラー換気扇なら

電源不要でスマート換気が可能

人の呼吸に常に新鮮な空気が必要なように、建物にも常に新鮮な空気が必要

それが換気

室内の化学物質で汚染されたり、湿気を含んだ空気を排出し、新鮮な空気を取り込む

簡単なようだが、結構大変である

何故なら、効率のイイ暖房や冷房を行いつつの換気

窓を開放すればよいと言うわけでもない、必要最低限の開口で効率の良い換気を行う

建物内に風の道を作り、効率よく空気を換気

気密性の高い現在の建物では自然換気は無理

強制機械換気システムによる換気が必要

機械換気扇は多種多様あるがソーラー換気扇をご存知だろうか?

100%ソーラー発電稼働で電源不要

ランニングコスト0円で操作不要

他の特徴として、雨の日や夜間の湿度が高くなる時は可動停止で湿度の高い空気を取り込まない換気扇

弊社、ソーラー・カンキ社の換気扇にはその他数々の特徴を有している

是非弊社ホームページにて詳細ご確認下さい

電気代0円スイッチ操作なし換気扇

電気代0円スイッチ操作なし換気扇

提供:株式会社ソーラー・カンキ社

 

 

 

 

 

 

 

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

換気は「健康な住宅と老朽化対策」に効果

換気は老朽化を防ぐ最大の方策

住宅に大きなダメージを受ける最大の原因は「湿気」である

昔の日本家屋は風通しを良くすることで、ダメージを受ける事を回避していた

しかし、住人は寒さ暑さにひたすら耐えるしかない

今は、こんな住宅には誰も住まない

高気密・高断熱で省エネを考えた住宅が主流

暖房、冷房効率は優れているが、換気性能が劣る

部屋の中は常に汚れた空気や湿気で一杯、この状態では人の健康も住まいにもダメージを受ける

自然換気は期待できないので、機械換気システム(24時間換気)が必要

家全体に空気の流れができる換気が理想、汚れた空気や湿気を排出し常に新鮮な空気を取り込む

換気の重要性は理解できたが、諸事情で空き家になってる住宅管理はどうすればいいだろうか

電源なし、締め切り状態の家の中は汚れた空気と湿気で一杯、劣化がどんどん進む

空き家住宅の老朽化対策に最適なソーラー換気扇を紹介しましょう

電源不要・スイッチ操作不要だから、例え遠方にある住宅でも安心の住宅管理が可能

換気扇本体はステンレス製ベントキャップ型換気扇、耐久性に優れ気密性も高く、雨水・風・虫の侵入がなし

施工も簡単で何より運転コストゼロで一切手間が掛からない究極のエコ換気扇

ソーラー・カンキ社が製造販売する、他社にはない高性能ソーラー換気扇

お問い合わせはココ

ソーラーー換気扇

電源不要の高性能ソーラー換気扇

 提供:株式会社ソーラー・カンキ社

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

質の良い換気は、人と住まいの健康を守る

住宅換気が必要なわけ

現在の住宅は高気密化で隙間もなく自然換気量は限られているため、24時間機械換気システムが義務化されている

室内は常に人が排出する二酸化炭素や建材から放出される化学物質・ハウスダスト・湿気・ホコリ・カビ胞子などに汚染されているため、常に新鮮な空気を取り込み汚れた空気を排出しいなければならない

換気の効果

●新鮮な空気の流入

●除湿

●除塵

●脱臭

●排熱

結果

●人の健康を守る

●住宅の老朽化を防ぐ

質の良い換気とは

高気密住宅の特徴を生かし、空気の流れを作る給気口と排気口の位置決めが重要

風の通り道

風の通り道

人間一人1日の呼吸量:約15,000l 約20kg  相当な量を必要とする

新鮮な空気を取り込み汚れた空気を排出すには換気扇が必要

換気扇には多種多様なタイプがありますが、ここではソーラー換気扇について紹介します

ソーラー換気扇:一般電源不要でコンパクトソーラーパネルを電源とする換気扇

メリット:電源不要、電気代不要、操作不要、何処にでも設置可能、しかも自然の摂理の適った換気ができる

摂理に適った換気とは:雨の日や夜間の湿度の高い時は、発電停止で湿気を取り込まない、晴天日には乾燥した空気を取り込み、室内の汚れた空気を排気する合理的なソーラー換気

ベントキャップ型換気扇 自然の摂理に適った換気扇

ベントキャップ型換気扇
自然の摂理に適った換気扇

ソーラー換気扇の詳細は㈱ソーラー・カンキ社まで