月別アーカイブ: 2015年4月

㈱ソーラー・カンキ社

換気の必要性

 

換気・通気は住宅の耐久性・人の健康を向上させる

昔の家は天然素材で作られており、空気汚染の心配も無く換気は自然に行われていたMH900045998

現在は気密性・断熱性が高い住宅が主流となり快適な生活ができるが、自然換気だけでは補えず機械換気が必要となる

images0NQHNLXR

なぜ換気が必要

一人に必要な呼吸空気量は1時間当たり20~30立米(約6畳間1室分)

人が呼吸すればCO2が増え家具・建材などから排出される化学物質などで部屋は汚染される

調理や石油・ガスなどの暖房器、風呂などから出る水蒸気で部屋には湿気が充満やがて結露しカビ・ダニの原因を作り住宅の劣化を誘因、人の健康も害する、対策として湿気を排除する換気が必要

臭気・熱の排除にも換気が必要

平成15年建築基準法改正による換気設備設置義務化

結果

換気をする事により、湿気やカビ胞子の排出ができ住宅の耐久性向上となる

ソーラー発電活用の高性能・高機能の換気扇開発のソーラー・カンキ社

重要な換気を電気代0円・操作なしの換気扇で行う

ランニングコスト0円で留守にしていても安全、確実に換気ができ、空き家や別荘などの住宅劣化を防ぐ

 

ソーラーー換気扇

太陽光電池換気扇

製品についてのお問い合わせはここ

 

 

 

 

 

 

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

人と住まいを守る|ソーラー換気扇

住いの換気はとても重要

人は酸素を取り込まないと生きてゆけない、一人に必要な呼吸空気量は20~30㎥/h、6畳間一室分の新鮮な空気が毎時必要、結構な量です

常に新鮮な空気を補給しないと空気は汚れ健康を害する

4人家族で1日に排出される水蒸気量(生活排出含む)は約10リットル、                 一人当たり2.5リットルこれもまた結構な量である、そのまま放置すると結露しカビ・ダニの発生が起こる

これらの問題を解決するには換気、人も住いも健康な状態を維持するには常に新鮮な空気が必要

窓を開けて新鮮な空気を取り入れればいいだけの事であるが、これが出来ない事がある

留守が多くて家にいることが少ない

長期出張のため空き家状態になっている

別荘でたまにしか利用しないので締め切った状態になっている

通風

 

新鮮な空気を取り入れる

 

 風通しが出来ない、困った

 

 

 

 

そんな方に朗報、人が居なくても安全・確実に換気を行う換気扇があります

しかも電気代0円、操作なしのベントキャップ型換気扇

電源はコンパクトソーラーパネルで給電、一般電源は使用しないので電気代は掛からない

信頼のステンレス304、防虫網・フードが付いているので、虫・風・雨の侵入なし

完全自動運転の換気扇だから安心、多種製品取り揃えています

ベントキャップ型換気扇

お問い合わせは、ソーラー・カンキ社まで


㈱ソーラー・カンキ社

長期不在の住宅はソーラー換気扇が守る

住いは換気をやらないと劣化ダメージが加速する

●海外赴任のために空き家になった戸建・マンション

●田舎にある相続した実家

●たまにしか利用しない別荘などなど

いろいろな事情で空き家になった住宅、心配ですね、

管理会社に委託して管理してもらう、それなりに費用が掛かる

換気だけなら、例え電源がなくても換気可能な換気扇あります

電源はコンパクトなソーラー発電、ベランダなどに簡単に取り付け可能

換気扇本体はステンレス304製でフードも防虫網も備えたパイプファン

住宅には自然換気口が設置されている、その換気口の一つに

換気扇を取り付ければ強制換気が可能となる

自然換気口自然換気口⇒強制換気システム

カンキ太郎

 

 

 

当然、ランニングコストは0円、オペレーションフリ-

全てお日様にまかしておけばOK

機能としては、一般電源使用の換気扇と全く遜色ない

ソーラー・カンキ社のソーラー換気扇はチョット違う

ソーラー発電を利用する事で、換気に関しては非常に合理的換気方法が確立できる

雨の日や夜間は発電しないので運転停止だが、日照が無い時は外気の湿度は高くなる

この時に換気扇が稼働すれば湿度の高い空気を取り込みカビ・結露対策には逆効果となる

ソーラー発電利用の換気扇「自然の理に適った」換気がデキル

自然換気と言っても過言ではない

21

 

 

 

 

 

 


㈱ソーラー・カンキ社

空き家の通風管理はソーラー換気扇

空き家のダメージ回避には定期的な風通しが必要

海外赴任のために大切な我が家を長期留守にしなければならないとか、

遠隔地にある親の家を相続したが、頻繁には行けず管理に困っている

家は人が住まなくなると急速に劣化が進む、空気の動きが無くなり湿気が滞留し結露、カビ・ダニの発生へと繋がる、こうなると湿気を好むアリが巣をつくり構造材までにダメージを受ける事がある。

この事態を回避するには定期的な風通しが必要になり親戚・知人や管理会社にお願いすることになるが、それなりに費用が掛かる。かと言って放置するとダメージを受けた後の修復費がかさむ事になる。

管理会社や親戚・知人の世話にならず、空き家を守る方法がある、例え電源が無くても毎日換気ができる換気扇,日照があれば可動する換気扇。

コンパクトなソーラーパネルから給電、ファンを可動し換気を行う、ソーラー発電利用なら湿度が髙くなる雨の日や夜間は運転休止で湿度の高い外気を取り込まない。まさに自然の理に適った合理的な換気をやってのける。

しかも、ランニングコスト0円・操作なしの換気扇、低電圧利用で火災などの心配がないので無人でも安心して使用できる換気扇です。

 ㈱ソーラー・カンキ社の換気扇はステンレス製ベントキャップ型、どのような住宅にも簡単に取り付けが出来ます。住宅には必ず数か所自然換気口(ベントキャップ)があります、その自然換気口に新しい換気扇を取り付けソーラーパネルと接続すれば完成、後は日照を待てばよい。

自然換気口カンキ太郎

自然換気口に換気扇を取り付ける

 

 

ソーラー換気扇のお問い合わせはこちら


㈱ソーラー・カンキ社

長期留守マンションの換気はソーラー換気扇にお任せ

 長期留守マンションの換気はソーラー換気扇で

長期留守にしたマンション管理いろいろ大変です、最低限の費用で効率の良い換気方法を紹介いたします。

閉めききったままの部屋は、コンクリートから排出される水分や内装建材から出る有害物質により汚染されます、留守であっても最低限換気を行わないと大きなダメージを受けるます。

ダメージを受けてからでは手遅れです、多額の修繕費が掛かる事になる、その前の対策としてソーラー換気扇の導入をお勧めします。

マンションに新しく換気扇を設置するのは難しですが、ソーラー・カンキ社の換気扇なら電源がなくても大丈夫です、マンションには数か所の自然換気口が設置されています、その一つに換気扇を取り付けます。

電源はコンパクトなソーラーパネルを南面に面したベランダに取り付け換気扇と接続すれば完了です、日照があれば自動運転で換気を行います。

24時間換気でないと心配と言われる方がありますが、24時間換気はシックハウス対策用で風量を少なく設定されています、湿気対策には24時間換気よりも日中換気の方が効果があります。

何故なら、雨の日や夜間に換気扇を稼動させると湿った外気を取り込み逆効果になります、ソーラー・カンキ社の換気扇なら気密性が高く雨水・風・虫の侵入も無く高性能・耐久性に優れた換気扇です、しかも状況に応じた風量を選ぶこともできます。

ソーラーパネル架台

 

ベランダにソーラーパネル設置

 

 

ベントキャップ型換気扇

 

ステンレス製ベントキャップ型換気扇

 

 

ソーラー・カンキ社のソーラー換気扇

詳細はこちらまで

 


㈱ソーラー・カンキ社

部屋の湿気対策

部屋の湿気問題でお困りではないですか?

換気扇を稼動すれば解決だが、出来ない訳がある

昼間不在で換気扇の操作が出来ない

空き家で人が居ない

電源がない

セカンドハウスでたまにしか利用しない

換気に手間を掛けれない

電気代が心配

お金を掛けてやりたくない

換気扇稼動でやってはいけないこと

雨の日、夜間の運転

もし、ソーラー発電利用の換気扇を導入したならば

Web

ソーラー換気扇についてのお問い合わせは:ソーラー・カンキ社まで