月別アーカイブ: 2014年1月

住いのカビ対策はソーラー発電利用の換気扇にお任せ

”住いの結露・カビにお悩みの方に朗報”

高温多湿の日本では、昔は自然通風が出来る家が作られていましたが、今は耐震性や高断熱・高気密で省エネを考えた住宅がほとんどです。

その結果、自然換気が出来ず強制換気に頼るようになりました、強制換気を停止すると確実に湿気が溜まりカビの発生が起こります。

カビの発生を止めるのは換気しかありません

毎日生活をされている住宅なら、ドアや窓の開け閉めで自然と空気が入れ替わり換気が出来ますが

空き家や別荘・長期不在の住宅では締め切った状態ですのでカビの発生が確実に起こります。

換気扇を運転し続けるのも手段ですが、夜間や雨の日は外気の湿度が上がりますので

外気を取り込むと、かえって逆効果になります。

そこで、お勧めしたいのがソーラー発電利用の換気扇です。 ”ソーラー発電利用の換気扇とは”

コンパクトソーラー発電の電力で稼動する換気扇

電源が無くても、ソーラー発電で稼動できるので、日照のあるところなら何処にでも設置可能な換気扇。

湿度が高くなる夜間や雨天日は日照が無いので運転休止で湿気を取り込まない。

シックハウス対策用の24時間換気扇(蓄電装置を備える)は24時間稼働可能。

電気代もスイッチ操作の手間も要らないソーラー換気扇。

一般換気扇に比べ商品価格は高いが維持管理費(電気代・人件費)が掛からないので、結果的には安上がりである。

ソーラー・カンキ社のソーラー換気扇はステンレス素材のベントキャップ型(パイプファン)で、雨・風・虫の侵入を完全にシャットアウト出来る換気扇です。

ベントキャップ型換気扇は実用新案登録済みの弊社オリジナル製品です。 ○既存の自然換気口と同寸の形状ですので、施工も簡単にできます。

低電圧DC電力で、DCファンを稼働させる高効率換気扇、低電圧で発火などの心配のない換気扇。 mirey02

ソーラー換気扇

電源不要の高性能ソーラー換気扇

電気代0円のソーラー換気扇を提供する㈱ソーラー・カンキ社 電気代0円のソーラー換気扇を提供する㈱ソーラー・カンキ社


換気扇の常識を変えた、ソーラー発電換気扇

mirey02

一般電源が無くても稼働する換気扇。
自前のソーラー発電で運転、日照があれば何処でも運転可能なソーラー換気扇
空き家住宅や長期不在のマンションなどの湿気管理から一般住宅の床下・屋根裏の換気に最適な換気扇、また電源の無い倉庫(防災倉庫)・農事ハウスなどにも最適な換気扇。
電気代も面倒なスイッチ操作の必要も無く無人運転、しかも夜間や雨天日の湿度の高い時は運転休止で湿度の高い外気を取り込まないから、何時も乾燥した状態を保つことが出来る換気扇。
究極の省エネ・エコな換気扇、自然エネルギーの有効活用をするソーラー換気扇。
深型150ソーラー換気扇


空き家住宅の管理はソーラー換気扇が一番

全国に700万件以上ある空き家住宅の保全管理にお困りではありませんか?
住まなくなった住宅は通風が出来なくなり湿気が溜まりカビ・腐朽菌の発生で、瞬く間に劣化が始まります。湿気は住宅にとっては最大の敵です、最近の高気密住宅は自然通風が難しく、強制換気が絶対的に必要ですが、空き家住宅では電源を切っているところも多く、換気扇を稼働することが出来ずカビの発生を迎えてしまいます。
そこで、電気代も人の手間も必要の無い究極の省エネ・エコな換気扇を紹介します。ソーラー発電で稼動する換気扇、一般電源が無くてもソーラー発電で稼動し、夜間や雨天日の湿度の高い時は運転休止で湿度の高い外気を取り込まないから、何時も乾燥状態を保つことが出来る換気扇です。ソーラー発電は直流発電なので、その電源を無駄なく使用するために効率の良いDCファンで十分な風量を確保、安全面に関しても低電圧で発火の心配もない。是非、ソーラー発電換気扇の導入をお考えください。
空き家01


 


空き家住宅の劣化を防ぐ救世主現る!!

年々増える空き家、将来住もうと考えられている方多いと思いますが、人が住まなくなった住宅の劣化は、思いのほか早い。
住宅に関しては定期的に通風を行わないと湿気が溜まり、住宅を損傷して行く。
湿気は住宅の最大の敵、湿気さえ排除していればそんなに早く進行することもない。電気が無くとも人が居なくても、無人で通風換気をしてくれる換気扇があるので紹介しましょう。コンパクトなソーラー発電の電力でDCファンを稼働させて換気を行うソーラー換気扇、湿度が高くなる夜間や雨天日は運転休止で湿度の高い外気を取り込まない換気扇。
こんな便利で超エコな換気扇がある事を少しでも多くの方に知ってもらいたい。

独立型ソーラー発電利用の換気扇

独立型ソーラー発電利用の換気扇



空き家を守るソーラー発電換気扇

平成25年の統計によると全国で7軒に1軒が空き家、空き家総数757万件だそうだ。空き家を放置すれば、劣化の一途をたどる、最低限でも2週間に1度程度の通風管理を行わないと湿気が溜まり、カビ・腐朽菌の発生を迎え住宅に多大な損傷を与える。被害を抑えるためには管理会社に依頼するか知り合いに頼んで通風を行うしかない。ここで紹介したいのは、電源が無くとも人が居なくとも太陽光さえあれば、住宅の換気がデキル換気扇だ、自前のソーラー発電電源で換気扇を稼働し湿気を排除する、湿度が高い夜間や雨天日は運転休止で湿度の高い外気を取り込まず、乾燥状態を持続できるソーラー換気扇。
電気代も人の手間も要らないので、空き家住宅の通風管理には打って付けの換気扇だ。再生可能自然エネルギーをスマートに使ったソーラー換気扇、是非導入をお考えください。
34-56954
腐朽01


空き家住宅の劣化防止はソーラー発電換気扇

住宅は、人が住まなくなると、瞬く間に劣化が始まる。
平成25年の調べでは空き家住宅757万戸、総住宅数の13.1%、7軒に1軒はは空き家とだ。
放置すればどんどん劣化が進むし、管理会社に委託するにも結構な料金が掛かる、何かいい対策は無いものか?人がまた住むのが一番だが、なかなか難し、そこで弊社が開発したソーラー発電換気扇の導入をお勧めする。
電源が無くとも自前のソーラー発電で運転、スイッチ操作なども無いので人の手間を必要としない、しかも湿度が高くなる夜間や雨天日は運転しないので湿度の高い外気を取り込むことなく、乾燥状態をキープするソーラー発電換気扇だ。
住宅の劣化を最低群食い止めるのは通風換気だ、是非ソーラー発電換気扇の導入をお考えください。

ソーラー発電で住宅の換気

ソーラー発電で住宅の換気


深型ベントキャッがパイプファンに


空き家の劣化を防ぐのはソーラー換気扇

住宅は人が済まなくなると急激に痛むとよく言われます。人が済まなくなると住宅内の空気が滞留し湿気が結露しカビ・腐朽菌などが発生し家具や住宅その物に損傷を与えます。この問題を解決するには風通しを良くすることで解決します、ところが人が住んでいないため、この単純な行為ができず、住宅を劣化させてしまいます。
この問題を解決できるのはソーラー発電換気扇です、電源が無くても日照があるだけで空き家住宅の換気が出来ます、電気代も人の手間も必要としないソーラー換気扇は、日中に自前のソーラー発電の電源で運転し、湿度が高くなる夜間や雨天日は日照が無いので運転停止で湿った外気を取り込まず、乾燥状態を保つことが出来る換気扇です。
ソーラー発電換気扇が空き家住宅を救う!!
mirey02
MH900045998


空き家住宅や不在マンションの湿気問題を解決

空き家住宅や長期不在マンションの湿気による劣化を防ぐ。
ソーラー発電換気扇なら電源が無くても、人が居なくても、勝手に発電し、住まいの換気をやってくれる、ロボット掃除機より優れている。
しかもソーラー発電換気扇だと、湿度が高くなる夜間や雨天日は発電しないから運転休止、だから湿った外気を取り込まないのでいつも乾燥した状態を保つことが出来る換気扇です。ぜひ導入をお考えください。
mirey02


空き家の湿気問題はソーラー換気扇が解決する

空き家が傷む原因は、ほとんどが湿気、締め切りで通風が出来ず湿気が滞留し、結露、カビダニの発生へと繋がる、そして住宅を蝕んでゆく。
ソーラー換気扇が、この致命的な状態を救う、日照とともの換気扇が稼働し夜間や雨天日は運転休止で湿気を取り込まず、乾燥状態を持続することが出来る換気扇。しかも、電気代もスイッチ操作も要らないので、無人運転でも全く問題の無いソーラー換気扇。
ソーラー発電換気扇なら人の手間無しで空き家住宅を湿気から守ることが出来る。

ダニダニ

ダニダニ


ソーラー換気扇製品イメージ

ソーラー換気扇製品イメージ


電気代0円のソーラー換気扇を提供する㈱ソーラー・カンキ社 電気代0円のソーラー換気扇を提供する㈱ソーラー・カンキ社


別荘・空き家・長期転勤のマンション、通風管理でお困りでは

ソーラー換気扇なら電源も人の手間も要らない

留守の間、住宅を閉め切った状態で置くと、湿気が溜まり結露しカビの発生へとつながり、あっという間に劣化が始まります。最近の気密性の高い住宅では自然通風が出来ないために、この様な事故が多々あります、そこで管理会社に依頼して定期的に通風を行うなどの対策をなさっている方が多いと伺いますが、人に頼らず太陽光のエネルギーを利用した通風装置があるのでご紹介いたします。

ソーラー発電利用の自動通風装置
コンパクトソーラー発電の電源で運転し、電気代もスイッチ操作も要らない通風装置、しかも湿度が高くなる夜間や雨天日は運転休止で湿気を取り込まず、乾燥状態を保つ事が出来ます。
通風装置はステンレス製のベントキャップ型ですので雨水や風・虫の侵入を完全にシャットアウト出来、とても安全な装置です。

取付工事に関して
大概の住宅やマンションには、数個の自然換気口(ベントキャップ)が付いています、この自然換気口を取り外し強制通風装置と付け替えソーラーパネルに繋ぐだけで、365日自動で通風が出来ます。ソーラーパネルの取り付けは、専用架台を使用すると簡単にベランダや壁面に取り付けることが出来ます。全く手間もランニングコストも掛からないスマートな強制通気装置です、手間と言えば年に一度ぐらいファンについたホコリをはらってやるぐらいです。
mirey02

15Wソーラーパネルをマンションベランダに設置

15Wソーラーパネルをマンションベランダに設置

フラットカバー付150
電気代0円のソーラー換気扇を提供する㈱ソーラー・カンキ社 電気代0円のソーラー換気扇を提供する㈱ソーラー・カンキ社