月別アーカイブ: 2013年12月

ソーラー換気扇なら床下の湿気排除が簡単にデキル

床下のジメジメにお困りでは!!ソーラー床下換気扇はチョット違う

電源が無くても、ソーラー発電で稼働出来る、だから電気代は掛からない。
日照があれば何処にでも設置可能。
面倒なスイッチ操作をしなくても、すべて日照がコントロールしてくれる、無人で稼働出来る。
最大の特徴
夜間や雨天日は日照が無いので運転せず、湿度の高い外気を取り込まない。
湿度の高い時に床下換気扇を運転していては、せっかく乾燥した床下に湿った空気を取り込み逆効果になってしまう。
ソーラー発電利用の床下換気扇なら電気代無し人の手間無しで完璧な床下換気が可能。
㈱ソーラー・カンキ社はソーラー換気扇専門の開発、販売を行っています、弊社ホームページにて製品の詳細ご確認下さい。

50Wソーラーパネル

50Wソーラーパネル

床下換気扇

床下換気扇

床下換気扇設置

床下換気扇設置


驚くべき!!本格的なソーラー発電24時間換気扇

高気密・高断熱の戸建住宅やマンションの一部には24時間換気扇の設置が建築基準法で義務付けられています。1時間に部屋の容積の1/2の換気が必要、シックハウス対策のために、しかし24時間換気扇を連続稼働するとそれなりの電気代が掛るため、スイッチを切ってしまっている現実もあるそうです。
ソーラー発電24時間換気扇とは 
コンパクトソーラーパネルで発電した電力をバッテリーに蓄電し、DCファンを使用したベントキャップ型換気扇を稼働する驚くべき24時間換気扇です、電気代0円で24時間、365日、それ以上の稼働ができる。

ソーラー24時間換気扇概要図

ソーラー24時間換気扇概要図


換気扇の設置は何処に
住宅には自然換気口(ベントキャップ)が数か所取り付けられています、その中の一つとソーラー換気扇を取り換えパワーユニットと結線すれば完成です。
㈱ソーラーカンキ社はソーラー換気扇専門の開発販売を行っています、弊社ホームページにて詳細ご確認下さい。


長期転勤で不在になったマンション管理に強い味方のソーラー換気扇

長期不在になったマンション管理、どうされていますか?
ソーラー換気扇、聞きなれない名前の換気扇が解決いたします。
ソーラー換気扇とは
コンパクトなソーラー発電の電力を利用して換気ファンを稼働させる換気扇、電源無しで稼働する換気扇。人の手間を必要とせず、湿気を取り込まない換気扇、夜間や雨天日の湿度が高い時は運転休止で湿気を取り込まないから、部屋の中は何時も乾燥状態を保つ乾気扇
換気扇は何処に取り付けるのか
マンションには必ず自然通気口(ベントキャップ)が何か所かついています、その自然通気口を取り外し換気扇を取り付けます、弊社の換気扇はベントキャップその物が強制換気扇になっていますから取り付けは簡単です。
ソーラーパネルは何処に付けるか
日当たりのいいベランダにソーラーパネルを簡単に取り付けることが可能です。後は結線すれば完了です。

日照があれば自動で運転しお部屋の換気をします、電気代無し、人の手間無しのスマートな乾気扇です、安全面に関しましてもとても信頼のおける換気扇です。
㈱ソーラー・カンキ社はソーラー換気扇専門の開発、販売を行っています、
ホームページにて詳細ご確認ください。

ソーラー換気扇製品イメージ

ソーラー換気扇製品イメージ


15Wソーラーパネルをマンションベランダに設置

15Wソーラーパネルをマンションベランダに設置


住宅の結露・カビを排除するソーラー換気扇(乾気扇)

住いにとって重要な換気が上手くできず、カビやダニの発生でお困りでは無いでしょうか?
換気を行わないでいると、腐朽菌が繁殖し住宅に大きなダメージを与える。
住いにとって湿気は最大の敵です、この湿気を排除するには換気を行うしかない、でも留守が多くて換気が出来ないなどのお悩みをお持ちの方に朗報です。
留守にしていても太陽光の力で自動換気をしてくれる、電源が無くても出来るソーラー換気扇(乾気扇)を紹介しよう。
電気代も面倒なスイッチ操作も要らないソーラー換気扇、電源はコンパクトなソーラー発電で賄い、夜間や雨天日の湿度の高い時は運転せず湿気を取り込まないから乾燥状態を保つ事が出来る換気扇(乾気扇)。
転勤などで長期不在の住宅やマンション、たまにしか利用しない別荘などの換気に威力を発揮するソーラー換気扇。ステンレス製ベントキャップ型換気扇だから、雨水や風・虫の侵入を完全にシャットアウトする安全なソーラー換気扇。
㈱ソーラー・カンキ社はソーラー換気扇専門の開発、販売を行っています、弊社ホームページにて詳細ご確認下さい。

ソーラー換気扇製品イメージ

ソーラー換気扇製品イメージ


換気扇の常識を変えたソーラー換気扇(乾気扇)

別荘や長期不在住宅の湿気・カビ問題で困りでは無いでしょうか?
高気密・高断熱住宅は自然通風が出来ないため、強制換気を怠るとたちまち湿気が滞留し結露が起こる、そしてカビ・ダニの発生へとつながる。
高気密住宅には24時間換気が義務付けられているが、これは湿気対策では無く、シックハウス対策のためだ、ならば湿気対策はどうしているのだろう。
定期的な通気を行う事や除湿機の運転で結露の発生を回避する事が出来るが、留守の住宅では通気は出来ないし留守の間除湿機を運転し続けるのも問題が有る。
そこで紹介したいのがソーラー発電利用の換気扇(乾気扇)。
電源無しで稼働する換気扇(乾気扇)、ソーラー発電利用で電気代もスイッチ操作の必要も無く、乾いた空気だけを取り込み、住宅の湿気を排除する。
夜間や雨天日は運転せず湿気を取り込まないから、住宅湿気・カビ問題を解決する歓喜扇
製品情報を㈱ソーラー・カンキ社のホームページにてご確認下さい。
RSSリーダーで購読する


ソーラー発電利用で、住宅の湿気排除を可能にしたソーラー換気扇

住宅にとって湿気は最大の敵、通風さえ有れば湿気は排除できるが、現在の住宅は高気密・高断熱・強耐震などで自然通風が出来ない、その為に24時間強制換気が義務づけられている。
でも、この対策はシックハウス対策で湿気対策では無い。

24時間換気は、湿気対策にならない
湿度が高くなる夜間や雨天日に換気扇を稼働させると、湿度の高い外気を取り込む事になり逆効果となる。
ソーラー発電利用の換気扇なら
夜間や雨天日は日照が無く発電しませんから換気扇は稼働停止で、湿度の高い外気を取り込まない。

ソーラーカンキ社のソーラー換気扇のメリット
1、電源が無くとも稼働可能、経済的
2、スイッチ操作無しで自動運転、便利
3、湿気を取り込まない、湿気対策に効果大
4、ベントキャップ型でコンパクト
5、雨水・風・虫の侵入を完全シャットアウト
6、ステンレス素材で耐久性抜群
7、低電圧DC使用で安全性に優れている
8、DCファン使用で高風量

結論として
自然の摂理を利用したソーラー換気扇なら晴天日の乾燥した日に最大限に換気扇を稼働させ、乾燥した外気を取り込み、夜間や雨天日には稼働せず、湿気を取り込まない省エネ・エコで経済的な湿気対策換気扇です。
㈱ソーラー・カンキ社はソーラー換気扇専門の開発・販売を行っています、ホームページにて製品詳細ご確認ください。

ソーラー換気扇製品イメージ

ソーラー換気扇製品イメージ


電源が無い建物の換気にお困りの方々に朗報です

電源が無く、建物の換気が出来ないとお悩みの方々に朗報です。
一般電源無が無くとも自家発電で稼動する換気扇、独立型ソーラー発電で換気扇を稼働させ建物内の湿気を排除する換気扇。
ソーラー換気扇は一般の換気扇とチョット違います、電気代が掛からないだけで無く、もっと重要なことが出来る換気扇なのです、それは湿気を取り込まないと言うことです。
ソーラー発電利用だと夜間や雨天日は日照が無いので稼働しません、夜間や雨天日は湿度が高くなるので換気扇を稼働させると湿気を取り込み逆効果になります、ソーラー換気扇なら自然の摂理をうまく利用して湿気を取り込まない換気扇なのです、しかもすべて自動でやってくれますから、全くの手間いらず換気扇です。
再生可能自然エネルギーをスマートに利用するソーラー換気扇の導入お考えください。
㈱ソーラー・カンキ社はソーラー換気扇専門の開発、販売を行っています、ホームページにて商品の詳細ご確認ください。
独立型ソーラー発電利用の換気扇


ソーラー換気扇は、電源無しで住宅を守る

住宅にとって最大の敵は「湿気」。
床下・屋根裏そして室内、高気密・高断熱住宅では四六時中、換気を行わないと湿気が溜まり結露しカビ・ダニの発生が起こる。
日本の昔の家屋は自然通風を考えた構造になっていたため湿気が滞留しなかった、しかし住む人間には忍耐力を強いられる家だった。
今は、耐震性と省エネ、快適性などを求めた設計が多い、一つ問題を上げるとすると湿気対策だ、24時間換気扇の稼働を奨めているが、果たして24時間換気扇は湿気対策になるのだろうか、どちらかと言うとシックハウス対策に効果があり、湿気対策には成らない。夜間や雨天日に換気扇を稼働すると湿気を取り込むことになり、かえって逆効果になる。
ソーラー・カンキ社が開発したソーラー発電利用の換気扇だと夜間や雨天日は日照が無いから運転せず湿気を取り込まず湿気対策には万全の換気扇だ。
しかも電源はいらないしスイッチ操作をしなくてもすべて自動でデキル換気扇だ。
CO2排出ゼロで電気代無しの湿気対策換気扇ならソーラー換気扇が一番だ。

ソーラー発電で住宅の換気

ソーラー発電で住宅の換気


雨の日は運転休止ソーラー換気扇

雨の日は運転休止ソーラー換気扇


電源が無くても稼働するソーラー換気扇

ソーラー発電で稼動する換気扇、太陽光があれば何処にでも設置可能、とても便利でエコなソーラー換気扇。住宅の床下や屋根裏の換気扇として最適な換気扇、スイッチ操作をしなくても太陽の日照がスイッチのオン・オフを自動でやってくれる。
湿度が高くなる夜間や雨の日は運転停止で、湿気を取り込まずいつも乾燥状態を保つことが出来る換気扇。不在が多い住宅や別荘の湿気管理の換気扇として、湿気を嫌う物が保存された倉庫やコンテナの換気装置としても最適な換気扇。
ステンレス製のベントキャップが換気扇となっているスマートな換気扇、雨水や風・虫などの侵入を完全にシャットアウトできるオシャレな換気扇。効率の良いDCファンを使用、低電圧でも高風量が得られ、安全面でも特筆できるソーラー換気扇。
㈱ソーラー・カンキ社はソーラー換気扇専門の開発、販売を行っています、状況にあった製品開発も行いますので、是非お問い合わせください。

屋根に50Wソーラーパネル設置

屋根に50Wソーラーパネル設置


深型150ソーラー換気扇


留守が多い住宅の湿気管理はソーラー換気扇にお任せ

住宅の通風問題を解決するのはソーラー換気扇

高温多湿の日本の風土に合った住宅は床が高く、障子や襖などの仕切りで自然通風の良い住宅だったが、生活様式やエネルギーの無駄を無くす事などを考えた高気密・高断熱・高耐震住宅に変わった。その結果、24時間強制換気扇を使用しないと通風が出来なくなった。
この様な住宅は、不在時に最低でも換気扇が稼働していないと、確実に湿気が滞留し結露しカビ・ダニが発生する。
人が生活していれば、例え換気扇が稼働していなくても窓やドアの開け閉めや、人の移動で空気が入れ替わり湿気は滞留することはない。
不在中、換気扇を稼働し続けるのも一つの方法ですが、無人状態で稼働し続けるのは心配では無いでしょうか、それに夜間や雨に日に換気扇を稼働させると湿気が入り、逆効果になってしまいます。ここで、究極の「省エネ」換気扇を紹介しましょう、再生可能自然エネルギーのソーラー発電を利用した換気扇です、電源はソーラー発電で賄いスイッチ操作も要らない換気扇です。
夜間や雨天日は発電しませんから換気扇は運転せず、湿気を取り込まない換気扇です。
ステンレス製ベントキャップ型換気扇で、雨水・風・虫の侵入を完全にシャットアウトします、電源は低電圧で発火などの心配の無い換気扇です、能力はDCファンを使用していますので低容量で高効率な換気扇です。
MH900045998
34-56954