ビニールハウスの高温・多湿対策は電源不要のソーラー換気扇がイイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蒸れや高温からハウス栽培作物を守るソーラー換気装置

関東地方も梅雨入りしましたが、ハウス内の作物は高温や高湿にさらされ生育障害が心配です

電源があれば、換気扇や送風機で風を送る事で事態解消できるが、電源が無ければ自然通風に任せるしかない

電源が無くても、太陽光を活用した高性能ソーラー換気扇なら何処でも換気が可能

しかも、永年無料運転・スイッチ操作なし、しかも耐久性抜群の究極のエコ機器

蓄電式ソーラー換気扇なら、日照が無い時も安定的に換気が可能、温度設定で栽培に適した温度管理が可能、蓄電しているので非常時の電源ともなる

太陽光を活用した経済的・効率的で安全な野菜栽培を応援します

ソーラー換気扇の簡単な仕様を紹介します(詳細はWEBでご確認下さい)

電源はソーラー発電:50W-100W

換気扇筐体材質:ステンレス(耐久性抜群)

ファン:高効率なDCファンを4台採用(複数ファン採用で長寿命を実現)

風量:約530㎥/h(風量アップ可能)

温度センサースイッチで高温時のみ稼動(自由設定)

ハウス屋根にコンパクトソーラーパネルを設置しても日照障害にはならない

電源不要ソーラー換気扇

 

この製品提供は「ソーラー換気扇専門通販」のソーラーカンキ社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です